婚活バスツアーでいつも悩むのは「会話の内容」です


会話が苦手って感じて、話すことが出来ない人って多いと思います。

実際出会いは求めているのに、話せなくて結局誰とも連絡先を交換出来なかった…なんて経験、ありませんか?

例えば相手の目をみることが苦手であったり、どんなことを話せば良いかわからず結局沈黙になってしまったり。

せっかく参加したのにもったいない…なんてことになってしまいますよね。

今回はそんなみなさまのために、どんな風にどんなことに気を付ければ良いのか、どんなことを話していけば良いのかをご紹介していきます。

会話が苦手だということに後ろめたくなる必要なんてありません!きっとそんな人が多いからこそ、会話が進まないのかも?

チャペル鐘

・会話することが苦手!何に気を付けたら良い?

では実際、苦手だと思う理由を挙げてみていきましょう!


① 初対面の人と何を話せば良いのかわからない

こちらの理由が一番大きい人は多いと思います。

初対面なのにどうして盛り上がれる人もいるんだろう?なんて感じたことありませんか?

それを逆手にとり、「初めてで緊張していて…」や「初対面でどこまで聞いて良いのかわからないのですが…」と、前置きを置くことでお互い少しずつ距離が縮まっていくかもしれません。

また、いきなり質問攻めよりも、1つの会話から少しずついろんな方向へ会話を広げていけると、自然な会話が出来ると思います!

 

② 話題作りができない

元々会話が苦手な人だと、一体何を話せば盛り上がれるのかよくわかりませんよね。

例えば季節の話から話題を張り巡らす人もいれば、最近身近であった出来事を話すことで話題が生まれたりなど、きっかけは様々な形でみつかると思います。

ですがそんなふとしたことを簡単には思いつけないのが現実です。

そんな人は、相手の持ち物や服装・プロフィールカードなどがあればそこに書いてある目に留まった点(趣味など)から、1つずつ質問形式で聞いてみると良いかもしれません。

質問形式で聞くことによって「あなたはどうですか?」などと、お互いがお互いの情報を知れるきっかけにもなります!

 

③ そもそも他人と会話が苦手

人と話すことが怖い・緊張してしまう、目を合わせられない、どう思われているか気になりすぎて頭が真っ白になってしまうなど。会話が苦手という人ももちろん多いと思います。

例えば人形で練習をしてみたり、心許せる友達と練習してみたりと、努力されている人も多いかと思います。

ですが無理をして無理矢理話す必要はないのです。自分が本当に聞きたいこと、知りたいことを聞いてみると良いでしょう。

また、会話が苦手だということも一言付け加えておくと、相手も嫌な気分にはならないかもしれません。

④ 話を聞くことが下手です

こんな人も少なくないでしょう。

相づちがうまく打てない、どう話を聞いてあげればよいかわからないなど。

普段から会話することに慣れていない方が躓いてしまうポイントかもしれません。

会話はどちらかが話を聞き、話すというどちらの役割もあって成り立つものです。

一方的に話をしているだけならただの独り言になってしまいますよね。

「今日こんなことがあってさ~」と話しを振られると、「どんなことがあったの?」「それはすごいね!」などの表現をすることで相手もまた話を始めます。

話を聞くことに慣れていない人は、自分が話をするときに相手にどんな風に聞いてほしいのかを想像すれば良いでしょう。

逆に自分がされて嫌だなと感じる聞き方はしないように注意しましょうね

チューリップ

・迷ったらコレ♪会話の話題集!

では実際どんなことが会話に繋がるのか、例を挙げてみてみましょう


① 「今日天気良いですね~こんな日はどんなことしたいですか?」など、天候の話をしてみる


一番入りやすい話題はこれではないでしょうか。

こんな天気の日はどんなことしたいですか?の次には普段していることの話や、天候が悪ければこんな日って家でどんなことしてます?でも大丈夫です。

軽く聞いてみることで相手も話題には入りやすいと思いますよ。

またこんなことをしてみたい!という話になれば、「でしたら今度ご一緒に行きましょう!」なんて、すんなりデートのお誘いも出来ちゃいますね。

 

② 「今日のこの服装、とても素敵ですね!普段どちらに買い物に行かれますか?」など、よく行く先を聞きそこから話題を広げてみる

普段どんなところに遊びに行くんですか?という入り方でももちろんOKです。

前置きで服装などを褒めると、相手も褒めてもらえたということでなんとなく相手を受け入れやすくなると思います。

よく行く場所の話からは、そこで有名なものであったり、自分のよく行く場所を伝えてみたりなど様々な方向へ会話を広げやすいでしょう。

そうすることでお互いの共通点も見つかりやすいかもしれないですし、どんなものが好きなのか・どんなことに興味があるのかなどの思考も知ることが出来ます。

その方向性が一緒だったら、これからの話も盛り上がること間違いなしですね。

 

③ 「好きなアーティストはいますか?」など、趣味や音楽の話をしてみる

音楽って、普段から何気なく聴く人って多いですよね!

また好きな音楽は人それぞれで、その人の趣向などもうかがえるチャンスができます。

また趣味の話や、好きな動物の話などなんでも良いので自分の好きなもの・相手の好きなものの話なら、あまり早くに尽きることなく会話が出来るのではないかと思います。

お互いを知れるチャンスになりますね!
④ 「今日、いろんな人がいてドキドキしますね。今からどんなことをするんでしょうね?」など、この後の予定話などをしてみる

参加者の方はこれからの予定ってあまり詳しく知らない人って多いと思います。

そんな中、今からの話をしてみると今日はどんな想いで参加したんですよ~や、こんなことが楽しみで参加を決めたんですよ~など、なんとなく自分の気持ちや事情などを伝えられる機会に繋がると思います!

しかも今からの話だと、どんなことがあるのかなぁとワクワクする気分にもなれちゃいますよね!

 


まとめ


いかがでしたか?バスの車中って、着くまで不安な気持ちにもなりますしどんなことを話せば良いか、苦手な人は特に心配になってしまいますよね。

とあるドラマで一方的な会話は「ドッチボールだ」と比喩されていた表現のように、会話とは相手と話を交換しながら続けていくものです。

一方的にならないように、しっかり相手の話も聞きつつ会話を続けられたら、きっともっと楽しい婚活パーティーになると思います!

そんな人もこれらのことを参考にしながら、自分なりに会話のキャッチボールを楽しめるように願っております