婚活のグループ活動時の気をつけたい事って一体何があるの?

よく男女のグループ行動といえば仲の良い友人同士で遊びに行ったりすることなどが例として挙げられると思いますが、婚活時のグループ行動ってどんなものがあると思いますか?

これは婚活イベントの内容によってさまざまなパターンがありますが、例えば婚活バスツアーなどで遠方に出かける際、目的地に着いてまず主催者側からグループ分けをされることがあります。

だいたい男女各3~4人・グループで6~8人くらいのグループに分かれ、それぞれのグループでその土地の観光をしたりスポット探索に行ったりします。

ですがあくまでもそれは話しやすい環境をつくっているだけにすぎません。

その中でも気の合う人を見つけてグループの中で意中の人を中心に会話や行動をすることも可能なのです。

ではどのようにグループ行動内から良い人を探すことが出来るのでしょうか?

周りの人にも迷惑のかからない方法を一緒に見ていきましょう

チャペル鐘

何に気を付けたら良い?ポイントをチェック★

ではさっそく注意点をポイント別にご紹介していきます!

① 集団行動にそぐわないマイペースな行動


例えば早く相手を見つけたいがゆえにグループで行動しているのにも関わらず、異性にばかり話しかけ早く2人きりになろうと強引な行動であったり、みんなでここに行こう!と話をしている最中一人で違う場所に行こうとしたり話合いに参加をしなかったり。

さまざまな場面でマイペースな行動をする人を見受けます。

早く意中の人と話をしたいという気持ちもわかりますが、それでもその場はまず同じグループ内で過ごす時間を与えられています。

また、そういったマイペースな行動も含めその場にいる人たちはあなたのことを観察しています。

どんなにあなたに好印象を持っている人でも、あなたのマイペースな行動を見て引いてしまうことがあります。

まずはグループでの団体行動を大切にし、きちんと協力して散策などに参加しましょう!

そこから少しづつ意中の方にアプローチを仕掛けていくことが賢明です。

② グループ内で何かに取り組むときに何も手伝おうとしない


よく集団行動でありがちですが、仕切ってくれる人とそれに従う人とパターンとして出てくると思います。

そんな中、全く指示にも従わずどうせただのイベントだしというようなやる気のない雰囲気を出し、積極的に参加しない人も中にはいます。

そういう人がいると、グループ全体のテンションも下がってしまいますよね。

たかが婚活イベントなのかもしれませんが、お金を払って参加をしたわけです!

いろんなことに積極的にチャレンジしてみる方がより一層楽しめるかもしれませんし、そんなあなたのイキイキした表情に惹かれる異性もいるかもしれませんよ!!

なるべくなら積極的に参加をして、あなた自身が楽しめるようになれたらよいですね♪まずはやってみましょう!!

③ つい気が緩んでお酒などを飲みすぎてしまう


これはイベントにもよりますが、ビール工場ツアーなどでお酒が飲めるツアーに参加した場合など、つい楽しい雰囲気などで気が緩みたくさんのお酒を飲んでしまったということもあるでしょう。

そんなときに自身でいつもの行動パターンを把握しており、なんとか対処できれば良いのですが、アルコールが入るとそう簡単に自制が出来なくなるものです。

そして言葉が使いが悪くなったり、周囲に迷惑な行動をしてしまうということになってしまいます。

せっかく楽しい雰囲気だったのに、アルコールによって台無しにしてしまうことも起こりえます。

そうならない為にも、飲みたい気持ちをほどほどに保ち、いつもの自分を忘れない程度で楽しむようにしましょう。

緊張しがちな人は少したしなむ程度にすればほどよく緊張も解れて良いかもしれませんがほどほどにしてみましょう。

チューリップ

こんな場面に要注意!陥りやすいダメな例をご紹介!!

こんな失敗も中にはあるようです…他人事とは思わず心の隅に留めておくと良いかもしれません。

① 同性の人たちと異様に盛り上がりすぎてしまった…


特に女性に多いのですが、グループ行動をするとまずは同性の人から話しかけようと考え、気づいたらそこで盛り上がってしまったということは少なくないようです。

同性同士だと女子会なんて言葉もあるように、とても盛り上がりやすいようです。

いくら初対面であっても今ここにきているということを共通の話題として、「よく参加しているのか?」「今までどんな婚活に参加したか?」などの情報交換をすることもあるようです。

確かに同性と話すほうがハードルも低いのでそちらが話しやすい気持ちもわかりますが、目的は異性の方と知り合うことなので、グループ行動中は異性と会話をするように心がけましょう!

② 盛り上げ役に徹してしまった…


集団行動の場面というのは、その人の普段の姿が出やすい場面だと思います。

よく学校などでもいたと思いますが、場を仕切ってくれる人やその人の意見に素直に従う人、出た意見に対して積極的に自分の意見を述べてくれる人などさまざまでしょう。

ここで注意が必要なのは「盛り上げ役」に徹してしまう人なのです。

一見明るくしてくれる人ってモテそうですし有利に見えると思いますが、盛り上げ役の人で多いのは面倒見の良い人で終わってしますことが多いようです。

そうすると盛り上がってない人を気にかけてくれたり、良い雰囲気のカップルを後押ししてくれたりなど、自分のことを差し置いて周囲に対して気を遣ってくれる存在は素敵ですが、周りを盛り上げながら意中の異性と話ができるように進めてみてください。

人としてはとても優しくて良い人に見えますが、婚活は一人ひとりが主役です。

盛り上げ役なんて脇役を買って出る必要などありません。

自分もお金を払って参加しているんですから、良い人を見つけたいという気持ちがあるはずです。

周囲を全く気にしないのは問題ですが、ほどよく周囲を気にしながら、それでも自分の気になる人には積極的にアタックしてみましょう。

③ 人見知りが酷くて喋れなかった…


人見知りが激しいと、婚活の場面ではとっても不利になってしまいます。

例え友人と参加して話しやすい人がそばにいてくれたとしても、初対面の人ばかりで元々の人見知りが更にひどくなってしまいがちです。

無理して話す必要はありませんが、全く話せないのも辛いですよね。

また周囲も「嫌われているのかな?」と感じて話かけづらいと思われてしまっているかもしれません。

少しずつで良いので、話かけてくれる人から会話を続けてみるように頑張ってみましょう。

意外と話をしていると「自分も実は人見知りなんです」という人がいるかもしれません。

そんな人がほかにもいたら、自分だけが話しにくいと感じていたんじゃないんだ!と思えますし、また逆に人見知りで上手く話せないということを周囲に伝えればわかってくれる人もいると思いますので、殻に閉じこもらず頑張ってみましょうね♪

周りの人を良く見ましょう♪自己中な行動にならない為には?


周りの人たちと一緒になって行動するというのは、みんなが初対面の人たちばかりだとより難しいことかもしれません。

初めましての状態でいきなり一緒に行動してくださいというのも難題な気がしますが、それでも楽しく過ごそうとなんとか合わせて行動できる人もいれば、全く合わせる気のない人もいるでしょう。

そんな人がいると、あなたは楽しめますか?周囲に迷惑をかけないように心がけるのも大切な行動の一つです。

例えば一人だけ違う場所に行くなどの周囲を気にしない行動は、あなたは良くても周りの人は「勝手に行動する人なんだな」という印象を与えてしまいマイナスです。

そんな行動をする人を、異性から見れば「この人とお付き合いをしたら周囲を気にしない行動が目立つのかもしれない…」と不安になり選択されないことは間違いないでしょう。

そうなると自然とあなたに対して誰も話かけない・選ばないということになりかねません!

集団行動が苦手な人も、スタッフの方が言われた通りにとりあえず動いてみましょう。

わからなければ一緒に参加されている人に聞いて大丈夫です!

むしろその方が周囲の人とも打ち解けられるきっかけになりますので、そのようにしてぜひ周囲の方とも仲良くなれたら良いですね。

 

まとめ

いかがでしたか?グループ行動って一見難しそうにみえますが、一緒に行動をしていく方が意外と話しやすいきっかけが出来て良いかもしれません。

人見知りという方もそれに怖じ気ず、素直に「人見知り」ということを伝えることで理解してくれる人もいるでしょうし、似たような感覚の人に出会えるかもしれません。

大切なのはみんな同じ目的で集まってきているということです!