30代女性必見!婚活でやってはいけないNG集をご案内!

30代になると周囲の友達は結婚したり子どもが出来たりと、どんどんとライフステージを進めていく人が多くなりますね。

そんな中で結婚はおろか、彼氏もいないとなるとかなり焦りますし、置いて行かれたような気分になります。

勉強や仕事は努力をすれば結果がついてくることが多いのですが、出会いだけは努力をしても上手くいかないことが多々あります。

婚活においても、自分では頑張っているつもりなのに、なかなかいい出会いに恵まれないで悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

今回は特に、30代女性が婚活中に陥りやすいNG行動についてご紹介していきますので、現在婚活真っ只中で頑張っている30代女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

みさと芝桜

NG行動1・「若づくりを頑張る」

30代になると10代や20代の女性の若さをうらやましく思う瞬間がたびたびあると思います。

しっかりしたメイクや派手なファッションが似合う、元気で可愛い女性像に憧れ、過去を思う時もあると思います。

しかし、若さをうらやんで、自分もそんな風になりたいと思いすぎるのは要注意です。

一般的に言う「若づくり」というのは、多くの男性からは敬遠される傾向にあります。

例えば、明るすぎる髪色やつけまつげにカラーコンタクト、下着が見えそうな露出の多い服装をしていることはありませんか?

そのどれもが必ずダメ!というわけではありませんが、30代の女性がそうしたファッションを上手に身にまとうのには、かなりのセンスや生まれ持ったスタイルも必要なのです。

特に、婚活という結婚相手を探し出す場では、今あげたようなファッションは全て必要ではないと思います。

男性は婚活の場に、ともに家庭を築き、一生を添い遂げようとしている女性を探しに来ているわけですが、そんな女性が下着の見えそうな格好をしていて良しとする男性が少ないことは、誰しもが容易に想像できるのではないでしょうか。

それに、30代には30代にピッタリの素敵なスタイルがあるので、そんな年相応のファッションを楽しんでみると、本来の魅力が自然と溢れる姿にたどり着くと思います。

といっても、いきなり自分のファッションを変えるのは勇気とコツがいります。

そこでお勧めの方法が、雑誌を参考にすることです。

ファッションを勉強する際に、インターネットによる検索もいいのですが、ネットは様々な人がページを作成することができるので、その中からちゃんとしたスタイルを選別するのが難しい、という欠点があります。

その点、雑誌は必ずプロのスタイリストがページを手掛けていますので、安心できますね。

30代女性にお勧めの雑誌には、例えば「Domani」「GLITTER」「InRed」「VERY」「FUDGE」などがあげられますが、そのどれもコがンビニや書店で気軽に購入でき、かつ落ち着いた上質なお洒落が勉強できるものなので、一度手にとって見てみてください。

普段の自分のスタイルと大きく違わなければ安心して婚活を進められますし、少し自分の格好が派手だったり反対に地味すぎたりする場合は、好きなページを取っておいて、よく行くショップのスタッフの方などに見てもらって、コーディネートを相談するのもお勧めです。

同様に、雑誌のメイクや髪型を美容師さんに相談するのも、色々とアドバイスが聞けますので、一度ためしてみてくださいね。

NG行動2・「自分を卑下する」


30代に入って結婚していない、彼氏がいない、となると周囲から独身彼氏なしでいることについて、色々と言われることがあると思います。

家族や友達、会社の仲間から、「結婚は?」とか「そんなことしているから彼氏出来ないんじゃない?」とか、言われ続けると自分が悪いことをしているような、自分のどこかが悪いような気持ちになってきますね。

そんな気分でいるとだんだんと自分に自信の持てない性格へと変わっていく人が多いです。

人は自信がなくなると、魅力的ではなくなってしまいます。

婚活をしている女性の場合だと、婚活イベントで知り合った男性と話す時に目が合わせられなくなったり、会話や行動が消極的になったりします。

こんな風に女性に接せられると男性側は、その女性は自分に興味がないのかな?好感を持たれていないのかな?といった勘違いをしてしまいますね。

これでは上手く行くはずの婚活も失敗に終わってしまうのです。

世間からとやかく言われるのは仕方がないと腹をくくるしかありませんが、自分自身もがその心ない言葉の波にのまれてしまってはいけません。

30代まで結婚していない自分に誇りを持つくらいの意識でいるのが、女性を魅力的にみせるポイントだと思います。

結婚相手という一生を左右する大切な存在を、丁寧に探しているという意識でいてください。

そんな重要な相手には一生で1人出会えればいいのですから、自分を卑下する必要はありません。

自信を過剰に持つのは禁物ですが、自分に自信のある女性は魅力的に見えますし、自分らしい態度で接することで男性と仲を深める時間も短縮でき、効率的に婚活が進められると思います。

結婚を急ぎ自分を責めてしまうことは、返って婚期を遅らせかねませんので、今の自分を肯定し、自信を持って婚活を続けてください。

NG行動3・「相手を品定めする」


婚活において、男性の見た目や条件にこだわり過ぎてしまうと、相手を品定めしているような印象を持たれることが多々あります。

相手に求める条件で自分がどうしても譲れない部分は、しっかりとアピールする必要がありますが、どうして譲れないのかを誠意を持って相手へ説明しなければなりません。

おおよその婚活では、男女ともにいくらかの費用(中にはかなりの大金)を払ってみんな参加しています。

そんな貴重な時間の中で、相手が理解できない条件提示をしていると、一気に印象は悪くなってしまいますね。

例えば、高収入の男性を求めているような女性の場合には、結婚後には子どもを授かり、自分は家庭に入って専業主婦として丁寧に子育てをしたいからといった説明です。

その説明に納得できる男性、出来ない男性がいると思いますが、一般的に考えて意味の分かる説明を自分なりに出来れば、ちゃんと意思を持って相手を探している女性と認識されます。

理由のわからない条件を提示している女性とでは、大きく印象が異なっていますのでぜひ注意してみてください。

特に、男性の職業を絞って婚活をしている女性をよく見かけますが、ほとんどの男性がその職業には就いていないわけなので、その職業の男性を希望するまっとうな理由が、聞かれた時にすぐ説明できないと男性側から不信感や怒りの感情を持たれると思います。

結婚した男女からよく耳にする話に、結婚相手として選んだ相手は、互いに、タイプや条件とはかけ離れていた、というものがあります。

あまり見た目や条件に縛られ過ぎずに婚活を進めることも婚活を成功に導く1つのポイントだと思います。

男女の出会いには自分が思いもかけない出来ごとが起こるものです。

自分の予想を上回る素敵な出会いを望むなら、自分で考えた条件などは、本当はちっぽけなものなのかもしれません。


まとめ

30代女性の婚活におけるNG行動について、3つのポイントをご紹介しました。

婚活を続けていると、自分自身を嫌でも見直さないといけない瞬間が何度も訪れます。

そのたびに自問自答を続けて、少しずつ理想の男性にふさわしい人になっていくような気がします。

婚活でおこる全てのことが、必ず自分のためになるので焦らず楽しんで婚活ライフを過ごしてください。