婚活ツアーでアドレスを交換した人へのメールアプローチ方法(男性偏)

婚活バスツアーで連絡先の交換ができたら次に繋げる大きなチャンスです!

しかしここからお互い心が通じ合い交際に発展していくか、そのまま自然消滅になってしまう大きな別れ道になります。

メールは現代の恋愛には、なくてはならない重要なツールの一つです。

顔が見えないことで自分の気持ちを恥ずかしがらず素直に言えることができますし、メールの言葉で優しさを感じることができます。

そしてメールのやり取りをすることで「会いたいな」と胸が苦しくなったり「好きだな」と自分の気持ちを確信したりすることもできます。

反対に「冷たい人だな」「価値観が違うな」と感じて心が離れてしまうこともあります。

簡単に相手のテリトリーに入ることができるメールですが、守らなければならないマナーやメッセージの内容に心を配ることが大切です。

そして勝負は「最初の挨拶の後からです!」

「なんとか付き合いたい」と気合を入れ過ぎてしまう気持ちをぐっと抑えて、慎重に上手なアプローチができるように一緒に考えていきましょう

 

 

◯恋愛に必ず発展する効果的なアプローチ方法とは?

 

女性がアドレスを交換する時の理由は3つあります。

1.その人に好意を持っていてもっとその人を知りたいから。

2.友達として関係を続けていきたいと考えているから。

3.深い意味はなく聞かれたから
今女性がどのように思っているのかわかりません。

「アドレス交換できたから大丈夫」と安心して自分の感情にまかせて突き進むことは控えましょう。

なぜならもしも彼女が「友達」としてあなたのことを考えているとしたら、積極的に恋愛に持ち込もうとするあなたの行動を重く感じてしまうからです。

彼女があなたのことを最初はいいと思っていたとしても、あなたの行動で一瞬にして連絡が途切れてしまうこともあります。

ゆっくり時間をかけてあなたのことを知ってもらい、彼女のことを知っていきましょう。

恋愛は付き合い始める「最初が肝心です!」

そして「ただの友達で終わらない」ために自分の気持ちを少しずつ伝えていくことがポイントです。

 


1・最初は軽い挨拶から

「イベントから無事に帰れましたか?」

「この間は楽しかったです」

「アドレス交換できてうれしかったです」

など自分の好意をさりげなく伝えながら、相手を気遣う紳士的な内容のメールを送ります。

 
2・彼女の生活リズムに合わせてメールをする

彼女がメールを返信しやすい時間帯を把握して、タイミングよくメールを送ることがポイントです。

もし彼女が仕事をしている時間帯にメールをすると、あなたのメールを読むだけになってしまいます。

あなたがメールを送ってから時間が空いてしまうのでリアルに気持ちを伝える効果が半減してしまいます。

また彼女が寝ている時間にメールを送ってしまうなどの時間のズレを防ぐために彼女の生活リズムを把握しておくといいでしょう。

大切なポイントは「その日にメールのやり取りができること」です。

彼女がメールのメッセージを呼んで返信する間隔が短くなるような工夫がポイントです。

 

3.メールは回数より質


彼女と簡単なメールのやり取りができるようになってきたら、今度は「質のいい内容」のメッセージを心がけましょう。

「なんとか付き合いを深めよう」と一日に何度もメールをするのはNGです。

「またメールがきた」と彼女が重くならないように相手の頻度に合わせる配慮が大切です。

そして何より大切なのはメールの質です。

「メールをしていると楽しい」「話が面白い」「もっと彼を知りたい」と思ってもらえるような内容が送れるといいです。

最初は上手にできないかもしれませんが、「そう思ってもらうためにどうしたらいいのか」と意識を持ってメールをすることが大切です。

そうするとメールのやり取りをする中で彼女がどんな時に楽しそうな返信がくるか。どんなことに興味をもっているのか理解できるようになります。

 

好感が持てるメール・5つのポイント



1・文の最後を疑問文にする

疑問文があると返信がしやすくなります

答えに困ってしまう内容「俺のことどう思っているの?」などではなく、簡単に答えられる内容がポイントです。
2・趣味や好きな音楽、映画など二人の共通する内容にする

自分の好きなことを話すのは誰でも楽しい気持ちになります。

また心理学では共通することがあると相手のことが安心できる存在になりやすく、心を開きやすいといいます。

二人の共通する話題を探して話しを盛り上げていきましょう。
3・優しい気持ちが伝わる言葉使い

メールは文章を送るので事務的な言い方や簡素なメールになってしまうと、女性は「冷たい人なのかな」と感じてしまいます。

あなたの気持ちしだいで文章で優しい気持ちは伝わります。丁寧な言葉使いや思いやりのあるメッセージを送りましょう。
4・相手の返信速度と同じにする

メールもコミュニケーションの一つです。

卓球やテニスのラリーのように同じペースを保ちながら続けていくことが大切です。
5・デートに誘う

彼女とメールのやり取りが習慣になってお互いのことがわかり始めてきたら、次のステップです。

この頃になるとお互いに相手がどう思っているのかわかってきます。

もしも彼女があなたのことを恋愛の対象に思っていない場合は、メールやり取りが少なくなってくるかもしれません。

反対にあなたの方が「何となく違うな」と最初に抱いていたイメージと違って気持ちが冷めてしまうこともあります。

そうではなく最初よりも親しくなって好きな気持を確信できたら、今度は彼女をデートに誘いましょう。

ここからが「恋愛の始まりです!」

あなたのストレートに気持ちを伝えましょう。

でもあなたの気持ちがどんなに盛り上がっていたとしてもガツガツするのはNGです。

「余裕のある男」でいて下さい。

女性はそういう男性に魅力を感じるのです。

メールでお互いが分かり合えているので最初に出会った頃より二人の関係は深まっていますから、自信をもって誘って下さいね。

 

まとめ

アドレスを交換してアプローチをするのは彼女の家に訪問することと似ています。

最初は玄関のインターフォンを押す(最初のメール)この時何度もインターフォンを押しませんね。

彼女が家から出てきたらまず玄関で話しをします。

自分はどんな人間なのか、どんなことで家を訪ねたのかを彼女に話して「この人は安心できる人だな」「もっと話をしてみたいな」と彼女が感じることができるようなアプローチをしていきます。(メールのやりとり)

家の中へ入ることばかりを考えてしつこい態度をしてしまったり、信頼できない行動をしてしまったりすると、彼女は家の中に入れようとはしません。

彼女があなたのことを信頼して家中に入ることができたなら二人の関係は深まっていきます。(二人でデートをする)

このことからわかるように、1つ1つのことが大切なプロセスです。

あなたが彼女の家の中へ入る順番も変わりません。

「家」は彼女の「心」なのです。

彼女の「心」にズカズカと入っていくのではなく、心を開きやすいようなアプローチをしながら時間をかけていくことが大切です。
人はそれぞれにいろいろな性格をもっているので、必ず成功する方法は1つではありません。

しかし出会った人と良い恋愛に発展させるためには、お互いがわかり合えるようになる小さな努力の積み重ねが必要です。

相手のことを知って、自分のこと知ってもらう努力をしていきましょう。

そのためにメールはなくてはならないものです。

マナーを忘れずに、お互いがメールをすることで仕事のやる気が持てるようになったり、苦しみが半減できたり人生を前向きに考えることができるような関係を築き上げて下さい。