婚活バスツアーでカップルになったとき男性から誘われやすい方法

 

婚活バスツアーや婚活パーティーに出席して良い感じの男性とカップリングできたのに、その後自然消滅が多くて悩んでいませんか?

実は、婚活で本当に難しいのは、カップリングした後なんです。

「いいなと思う男性とせっかくカップリングしたのに、具体的なお誘いがない…」という場合は、もしかしたら、男性から見ると誘い辛い雰囲気があるのかも。

婚活を成功させるためには、誘われ上手になることが大切です。

そこで、男性が誘いやすい女性になるための方法と、カップリング後のデートへの誘われ方をご案内します。

バラ祭り

<誘われ上手な女性5つの特徴>

男性が誘いやすい女性になる方法をお話する前に、まず誘われ上手な女性の特徴について解説します。
1・笑顔が多い

誘われ上手な女性の最大の特徴は、とにかく笑顔が多いということ。

男女関係なく、笑顔は人間関係を円滑にしてくれるものですよね。

そして、男性は女性の笑顔が大好きなんです。

女性から笑顔を向けられると、安心感と親しみが沸き、また、「彼女を喜ばせることができた」と自尊心も満たされます。
2・好奇心が強い

好奇心の強さも、誘われ上手な女性の特徴です。

興味の幅が広いので、自分が知らない話題でも楽しく聞くことができます。

それだけではなく、チャレンジ精神もあって「やってみたい!」と自分から新しいことに飛び込むフットワークの軽さもあります。

更に、好奇心旺盛で新しいものにいつもアンテナを張っているので、話題も豊富です。
3・社交的

笑顔が素敵で、好奇心もチャレンジ精神も旺盛な女性は、自分から率先して色々な人と接しようとするので、とても社交的です。

男性は女性を誘う時、「もし楽しんでくれなかったらどうしよう」「興味がないと断られるんじゃないか」と不安になり、結局誘うのを断念することもあります。

でも、社交的な女性なら「きっと喜んでくれる」と明るいイメージが持てるので、とても誘いやすいのです。
4・動作がゆったりしている

誘われ上手な女性は、良い意味での隙があります。

動作や口調がゆったりしていて、男性が声をかけやすい独特の間を持っています。

男性は女性が思う以上にナイーブで、親しくなる前の女性に声をかける時、一瞬躊躇したりタイミングを計ったりしています。

セカセカと忙しく動作が素早い女性だと、男性が声をかけるタイミングを逃しやすいのです。
5・明るい優しい色の服を好む

男性が抱く女性のイメージは外見によって大きく左右されます。

その外見とは、顔の造形ではなく、服装や髪型です。

女性から見ると、「モテモテのAさんって実は顔は普通。Bさんの方がよっぽど美人」ということがありますよね。

でも男性はそこまで女性の細かいパーツの差に気が付かないんです。

なので、全身ブラックでカッチリしたパンツスーツの女性を「サバサバして姉御肌」と思うし、パステル系のふんわりとした服を着ていれば「女の子らしくて優しい」と思います。

もちろん深く知り合えば別ですが、親しくなる前は、圧倒的に明るく優しい色の服を着ているような女性の方が誘いやすいのです。
チャペルとバラの花

<婚活で男性が誘いやすい女性になるための方法>

誘われ上手な女性の特徴はしっかり頭に入りましたか?

これを参考にして、婚活で男性が誘いやすい女性になるための方法をお話します。
1・笑顔の大安売りをする

まず大切なのは、やっぱり笑顔です。

婚活ではたくさんの男性と話すことになりますよね。

挨拶から始まり、簡単な自己紹介やプロフィールカードを見ながらのお喋り。

この時、とにかく笑顔を心がけてください。

「笑い過ぎると馴れ馴れしいと思われないかな…」という心配は無用です。

女性に笑顔を向けられて嫌な気持ちになる男性はいません。

「明るくて親しみやすい人だな」と男性は感じ、誘うハードルが低くなります。
2・うつむかずに相手の顔を見る

婚活では初対面の男性とたくさん出会いますが、すごく緊張しますよね。

そして、緊張すると相手の顔を見るのが恥ずかしくなり、つい俯いてしまいます。

特に意識している男性の場合は特にその傾向が現れます。

でも、男性は目の前の女性が俯いたら「自分には興味がないんだ」と思います。

それどころか、「初対面だけど、なんだか嫌われている?」とすら感じることがあります。

男性も婚活では緊張しているので、目の前の女性が俯けば、どうしても後ろ向きの発想になってしまいます。

これでは、あなたが好みの女性だったとしても、誘う勇気がしぼんでしまいます。

なので、婚活で俯くのはご法度!

恥ずかしくても「人の話を聞く時は、顔を見るのが礼儀」と思って、良い姿勢で男性に向き合いましょう。
3・会話が途切れても自分から切り上げない

婚活中、男性との会話がふと途切れてしまうことがありますよね。

そうすると、なんだか間が持たなくて「それじゃ」と、その場を去ってしまう女性がいますが、もし目の前の男性に好意を感じているなら、絶対自分から話を切り上げちゃダメ。

会話が途切れることを恐れてはいけません。

誘われ上手な女性になるためには、会話が途切れた時、上手に繋げる技を身につけなければなりません。

と言っても、難しいことはありません。

こんな時のために、男性に振る話題をいくつかストックしておけば良いんです。

・お休みの日は何をしてますか?
・お仕事忙しいですか?
・仕事で疲れた時、どんな気分転換をしていますか?
・学生時代に何かスポーツしてましたか?
・最近好きなテレビってありますか?
・好きで良く行くお店ってありますか?
・旅行は好きですか?(どこに行ったことがありますか?)

特に婚活バスツアーに出席する男性は、インドアよりアウトドアを好むことが多いです。

旅行話は共通の話題として盛り上がりやすいのでおススメです。

男性は「女性を楽しませなければ!」とプレッシャーに感じるものです。

なので、婚活で目の前の女性が明らかにつまらなそうにしていたり、話題が続かなくて「それじゃ」と立ち去ったりすると、物凄く落ち込みます。

一方、ちょっとした間ができてしまった時、女性から丈夫に話題を切り替えて楽しい雰囲気づくりをしてくれると、「気遣い上手」とすごく好印象を持ち「誘いたい!」と思うのですよ。


4・男性の興味に寄り添う

婚活では、短い時間で男性に良い印象を持ってもらうことが大切です。

「彼女といると楽しい」「話しやすい」「もっと色々なことを話したい」と思ってもらうことが必要になってきます。

なので、婚活中の話題は、男性の興味に寄り添いましょう。

男性は女性に良いところを見せたいと思っているので、自分の得意分野になると、張り切ってたくさん話してくれるんです。

そして、それを興味深く楽しそうに聞いてくれる女性に好感を持ち、「誘ってみようかな」という気持ちになります。

「誘ったら喜んでOKしてくれて、楽しんでくれそう」というイメージが大切です。
5・誘ってくださいアピールをする

男性と話している時、彼が良く行く場所や趣味の話題になったらチャンス到来!

「すごい!楽しそうですね!」「面白そう。私もやってみたい」「そこってどんなところですか?とっても気になります」「実は、前から一度行ってみたいと思っていたのです」と、自分から男性の懐に飛び込んで、「誘ってくださいアピール」をしましょう。

婚活では、プロフィールカードがありますよね。

そこには男性の好きなことについての情報が満載です。

ここから話題をひっぱっていけば、必ず「誘ってくださいアピール」ができるタイミングがあります。

この「誘ってくださいアピール」は露骨なくらいが丁度良いです。

婚活では、お互いのことを良く知らないので、男性は「誘ってもいいのかどうか」判断に悩みます。

なので、女性の方から誘いやすい雰囲気を作らないと、なかなか具体的に誘う勇気が出ないのです。

誘われ上手な女性になるために、男性の背中を上手に押してあげましょう。


6・会話の締めくくりは「楽しかったです」

婚活では、会話する男性がクルクルと変わりますよね。

もしも「この人素敵!カップリングできたらいいなぁ」と思ったら、相手が変わる前に「ありがとう。とっても楽しかったです。またゆっくり話したいですね」と、笑顔で爽やかに好意を伝えてしまいましょう。

これは、とても効果があるんですよ。

どんなにトークの時間話が弾んでも、別れ際に「それじゃ」とあっさりしていると、男性は「あれ?楽しかったのは、実は自分だけ?」と不安になったり、「どんな人とでも上手に会話できる社交家なのか」と勘違いすることを恐れたりして、別のもっと脈ありそうな女性に行ってしまうことがあります。

会話の締めくくりは好感度を上げるチャンスです。

特別な何かを感じた男性には、あなたも特別な言葉をプレゼントして、強く印象を残しましょう。
7・服は黒を避け、コンサバでフェミニンを目指す

最後に、外見の話です。

婚活は第一印象がとっても大切。たくさんの参加者の中から自分だけを選んでもらわなければなりません。

なので、男性が誘いやすい柔らかな印象を心がけて、黒い服は避けるようにしましょう。

婚活ファッションの基本はコンサバでフェミニンです。流行を追うより、多少保守的でも安定感があり、そしてわかりやすい女性らしさがある服が万人ウケします。

ただし、婚活バスツアーの場合は内容をしっかりチェックして、TPOに合った服装を選ぶことが重要です。
チャペル鐘

<カップリング後のデートへの誘われ方3ステップ>

婚活バスツアーの解散時間は18時前後。

カップリングした男性ともう少し二人で話したいですよね。

夕食を食べるにも丁度良い時間です。

女性の方から「この後お時間ありますか?もし良ければ、お食事一緒にしませんか?」とストレートに誘っても良いのですが、男性も「この後誘いたい…!」と思っているはず。

それならば、ここは男性を立てて、あえて誘ってもらえる雰囲気作りをしてみましょう。

婚活でカップリングした後、男性からの誘われ方の3ステップを紹介します。
1・「私を選んでくれて嬉しい」と伝える

まずは、「私を選んでくれて嬉しいです。ありがとうございます」と、笑顔で素直に喜びを伝えましょう。

これはとても大切なことです。

婚活中は、男性も女性も色々なイベントに積極的に参加しますが、だからこそ、「カップリングしたからと言って、相手が本当に自分を気に入っているかわからない」という不安を感じるものです。

そのため、カップル成立したからと言って、自分から積極的に女性を誘って良いのか迷う男性がいます。

なので、あなたの方から男性に歩み寄りましょう。

最初に全面的に好意を伝えられれば、男性は安心し、素直で可愛らしい女性だと、ますますあなたに好感を持ちます。
2・「これからもよろしくお願いします」と先を考えていることを伝える

「カップリングできたけど、結局それっきりでデートのお誘いもなかった…」婚活中はそんな苦い経験をすることがありますよね。

だから、カップル成立しても「先のことまで考えてくれているんだろうか」と、消極的な考えが頭を過ぎるんです。

なので、あなたの方から「今日はとても楽しかったです。これからもよろしくお願いしますね。一緒にまた、楽しいところにお出かけできたらいいな」と男性と次のステップに行きたい気持ちを伝えましょう。
3・「もう少しお話したいですね」と共感を促す

女性からここまで素直に好意の言葉を貰ったら、男性の気持ちは盛り上がります。

ここで最後の一押しをしましょう。

「もう少しお話したいですね」と、一緒にいたい気持ちを、「ですね」と共感を促すように伝えるんです。

こう言われたら、「そうですね。この後、もし良ければ一緒に食事でもどうですか?」と男性はあなたをスムーズに誘えます。

男性から誘われたら、「いいですね!嬉しいです」と、惜しみない笑顔で喜んでくださいね。

 

 

まとめ

男性の気持ちはなかなかにナイーブで、奥手そうな男性でも、女性からガンガン来られると「本当は自分から誘いたかった…」と、返って自尊心を傷つけられ、敬遠してしまうことがあります。

だからこそ、婚活では誘われ上手な女性が強いんです。

あなたも誘われ上手な女性の特徴を取り入れて、男性が誘いやすい雰囲気づくりをしてみてくださいね。

きっと、男性からのアプローチの数が増えますよ!