婚活バスツアーでカップリングできた方最初のデートプランの紹介

 

婚活イベントで出会った女性とカップリングが成功した男性は、とてもラッキーでひとまずは、1つ目の婚活の目標を達成できたと言えるでしょう。

今までたくさん頑張った人も、婚活を初めて間もない人も、まずは自分を褒めてあげたいものです。

しかし、これからは婚活の本当の戦いが始まったと言っても過言ではありません。

まずは1回目のデートに誘わないといけないですね。

そのためには、素敵なお店を押さえておく必要もあります。

今回はそんな1回目のデートの誘い方やお店の決め方をご紹介いたします。

ぜひ、婚活中の男性は参考にしてみてくださいね。

 

デートを誘うタイミング

婚活の場でカップリングした人のほとんどが、携帯の連絡先をやり取りしていると思います。

そのため、デートを誘う時はメールや、もし交換していたらLINEを使っておこなうことになりますね。

出来れば、イベント終了後の最初のメールは、男性側から送るようにしましょう。

女性は自分から積極的にアプローチすることがいいと思ってない人も多いですし、自分からメールをすることが苦手なシャイな性格の人もいます。

ぜひここは、男性からカップリングのお礼を言うなどして、積極的にメールでのコミュニケーションを始めてみてください。

カップリングが成立している相手なので、ほとんどの場合、連絡が返ってくるはずですが、稀に返信のないこともあると思います。

せかしたり怒ったりせず、いつかは返ってくるかな?また婚活を頑張ろうかな?と気長に待ってみてくださいね。

返信が返ってきて、何通かやりとりした人は、自然なタイミングで1回目のデートに誘ってみてください。

出来れば、婚活イベントから1週間ほどで次のデートの機会を設けることが好ましいです。

というのも、婚活に来ている女性は、男性との出会いとその先に結婚を望んでいます。

ゆっくりと相手と交流を深め、何年もかけて結婚にたどり着きたい人もいますが、ほとんどの女性がいいなと思う男性がいたらトントンと結婚に向けたステップを踏みたいと思っているものです。

そのため、必然的に結婚のタイミングも急いでしまう人が多いのですね。そのため、1回目のデートまでの時間もゆっくりと待っていることは出来ないのです。
デートの誘い方

肝心のデートの誘い方ですが、まずは自分の空いている日程を何日か連絡してみましょう。

相手の予定を聞くのもいいですが、自分の予定から連絡する方が紳士的ですし、女性が日を選べるので都合がつけやすいというメリットもあります。

自分が連絡したどの日程も都合がつかないと言われてしまうこともあるかもしれませんが、ここでもイライラしたりせず、相手に空いている予定を確認するようにしてみてください。

どうしても予定が合わない時は、相手から連絡してもらうなどして、無理強いしない方が好感を得られますね。

違った視点から言うと、婚活の場でカップリングしたにも関わらず、1回目のデートの予定がなかなか決められない女性は、少し婚活には向いていないかもしれません。

本気でないような人も中にはいますので、あまりその方に固執せず、次の出会いのチャンスを探す方が賢明かもしれませんね。

上手くデートの予定が取り付けられた人は、デートプランを練る必要があります。集合場所や時間はデートの日の前日にこちらから連絡する旨を伝えて、一旦はデートの話は打ち切りましょう。

女性に行きたい場所やお店を聞くのもいいですが、出来れば1度目のデートプランは男性が決めることが望ましいです。

「僕に任せてもらえますか?」と言った内容のメールを送っておくと、女性もあれこれ考えずに済みますので、安心してデートの日を待っていられますよ。

 

最初のデートプラン

1回目のデートは、休日に1日かけてじっくり相手と過ごす、というようなことは避けましょう。

というのも、お互いに2人で会うのが初めての相手なので、いきなり1日中ずっと過ごすと多くの人がとても疲れてしまいますし、デートのいい思い出が作りにくくなってしまいます。

お勧めのプランは、平日の夜、一緒に素敵なお店でご飯を食べることです。

ほとんどの女性は、イタリアンやカジュアルなフレンチ料理が大好きなので、そのようなお店でお勧めのところを知っている人は、ぜひそこの予約を取ってください。

もしあまりグルメな知識が無い人で、思い当たらない人や、そのような料理が苦手な人は、気を使わない和食やお肉料理のお店もいいですが、食堂のようなところでは素敵なデートの思い出を作りにくいですし、食べにくいお肉料理は女性に気を使わせてしまいますので、やはりお洒落なレストランが無難になります。

グルメな友達や先輩から情報を集めるなどして、なるべく女性の人気が高いお店を予約するようにしてみてください。

可能であれば、デートの日までにそのお店に下見に行ってみるのもお勧めです。

駅からの道のりやお店の中の雰囲気、お会計の方法やトイレの場所などを知っておくと、女性をスマートにリードすることが出来ますし、デートの印象をよくすることも可能です。

また、平日の夜がお勧めな理由は、休日の夜だとそのデート準備などのために、お互いに緊張した一日を過ごさないといけなくなります。

女性は男性以上にお洒落に力を注ぎますが、休日の朝からデートを意識していると、どうしても力が入りすぎてしまいますし、その準備や気の張りで疲れてストレスにならないとも限りません。

平日の夜であれば、仕事のための身支度にプラスαのお洒落で住みますし、デートの時間まで仕事をしながら過ごすことが出来るので、過度のストレスをお互いに感じることなく、比較的スムーズにデートを迎えることが出来ます。

集合時間ですが、最近は仕事に力を入れている女性が増えてきていますので、あまり早すぎる時間設定は相手に迷惑をかけることもあります。

早くても19時ごろ、お互いの都合によってはそれ以降が望ましいです。

事前に女性に、メールでどれくらいの時間であれば仕事の都合がつけられるのか、確認してもよいでしょう。

もちろん、もっと早くに仕事を終えて、デートの時間までどこかで時間を潰していないといけない女性もいます。

一方で、女性の中には、あまりに早い集合時間を男性が設定してくると、仕事を頑張っていないのかな?日中、暇なのかな?と余計な勘ぐりをする人もいますので、デートの集合時間という些細なポイントですが、少し注意が必要かもしれません。

集合場所は、お互いに分かりやすいところで、お店からそう遠くないところや、お店までの道のりがややこしい場合などは、お店の最寄りの駅前などにするとスムーズに落ちあえて、スマートなデートのスタートを切ることが出来ますね。

 
まとめ

今回は婚活イベントでカップリングが成功した男性が、1度目のデートをおこなう場合の誘い方やお店選びについてご紹介しました。

女性は男性よりも神経が細やかな人が多く、たかがデートでも色々と気をつけたいポイントがあるものです。

正直、面倒くさいな!と感じている男性もいるかもしれませんが、ライバルである他の男性の中には、こうしたきめ細やかな気配りがとても上手な人がいます。

やはりそうした男性は女性からのポイントも高いものなので、一度参考にしてデートに臨んでみてくださいね!